無資格でもOK?保育補助のお仕事とは

2017年1月27日 保育の豆知識 google  0

無資格でもOK?保育補助のお仕事とは

「保育補助」のお仕事をご存知ですか?
保育補助とは、その名の通り、保育園で保育の補助を行うお仕事です。

 

保育園で働く=保育士さん、というイメージが強いですし、
実際に保育士になりたい、保育園で働きたい!場合は、
まず保育士資格の取得を目指す方が殆どだと思います。

 

一方、保育補助の場合は、園にもよりますが、
無資格でもお仕事できる場合があり、
保育士資格は持っていないけれど保育園で働きたい!という方々が、
保育補助としてお仕事をされたい、というケースが増えています。

 

また、正社員で保育士として働くよりも、時間に融通が利くということで、
資格を持っている方でも、補助としてのお仕事を探される、ということも多いようですね。

 

保育補助のお仕事とは?

保育士資格がなくても保育園で働くことができる「保育補助」のお仕事。
ただし、保育補助のお仕事は、特に内容が統一されているわけではなく、
園の状況や環境によって様々です。
 
あくまで保育士さんのサポートや雑務などが中心にはなりますが、
人員不足の場合は、正社員が任せられるような仕事を任せられてしまうこともあるようです。
 
また、無資格でも働けるという反面、
やってよいことの範囲や、やりたいことに対する制限が生まれることもあります。
 
なので、保育補助で働きたい!という場合は、
まずは募集している園に問い合わせをして、
どういった仕事内容なのかを確認することが大切です。
 

補助としてのお仕事内容の例

保育補助の仕事は、正社員と違い、
無資格でもお仕事できる場合が多いことが一番の利点といえます。
 
では、具体的な補助の仕事とはどんなものなのでしょうか?
一例になりますが、一日の流れをご紹介します。
 
・受け入れ
 朝はまず、保育園への受け入れのお手伝いをします。
 それぞれ年齢によって対応が変わってきますので、よくよく気をつけましょう。
 
・朝の会
 集まったらまずは朝の会。
 保育士の先生が仕切ってくれます。朝の歌を歌ったりすることも。
 
・おむつ替え
 おむつを替えるのも立派なお仕事。
 こどもがぽんぽんで逃げ回っててんてこまいになることも!?
 
・ごはん、おやつを食べるお手伝い。
 食事のお手伝いもとっても大切です。小さな子は自分ではうまく食べられないので、
 しっかりお手伝いしてあげましょう。
 
 食べた後のお掃除も大切です。
・お着替え
 着替えの補助は、手伝いすぎず、がコツ
 自分でできるようになる喜びを知ってもらうのも大事な仕事です。
 
・お昼寝
 午後はお昼寝の時間。
 子どもたちの寝顔は天使のようです。
 
・帰りの会
 時間が来たら、帰りの会。
 朝と同じく、保育士さんが仕切りをやってくれます。
 
・受け渡し
 お迎えに来たお母さんたちに今日の様子を伝えながら、さよならです。
 「また明日ね」という声に笑顔で手を振ってくれたら、お仕事も終了です。
 
いかがでしたか?
保育園で働きたいけど資格がないので諦めていた、
資格は持っているけど、フルタイムで働くのは難しい、
という方にピッタリの「保育補助」のお仕事。
是非、検討してみて下さいね。