幼児教室の先生

2016年2月5日 保育の豆知識 google  0

幼児教室の先生

幼児教室の先生という働き方

保育士資格を持っていなくても、子どもと関わることのできる仕事はたくさんあります。

その一つとして、幼児教室の先生というものもありますね。

幼児教室というのは、基本的には小学校入学前の幼児のための学習教室のことです。

学習教室といってもその内容は様々で、私立の小学校受験を控える子ども達のために受験対策をおこなう教室もあれば、英会話教室もありますし、音楽やお絵かき教室などもあります。

対象年齢で考えると、保育士が対応する子ども達と同年齢ぐらいです。

こういった幼児教室の場合、応募要項に「資格不問」表記をしている場合も多いので、保育士資格などを持っていない場合でも、興味があれば積極的に応募してみてもいいのではないでしょうか。

資格がなくても、実際に合格してから幼児教育をするための研修があるはずですから、安心できると思います。

持っていると有利な資格

「資格不問」と応募要項に書いてあることの多い幼児教室の先生という職ですが、志望人数が多い場合には、経験者や資格保持者を優遇して採用されてしまいます。

それに、資格を保持していると、採用後の研修の勉強が「所持している資格の復習」ぐらいに思えるので、心強いのも確かですね。

持っていると有利になると考えられる資格としては、下記のとおりとなります。

・保育士資格

子どもの世話に関する国家資格と言えば、この保育士資格と、後述する幼稚園教諭免許の2つでしょう。

実際、倍率10倍近い幼児教室の先生の応募に、保育士資格を持っていたので通ったという話を聞いたことがあります。

子どもの社会性を育ててルールを覚えさせることができるよう、勉強して取得した保育士資格を持っていれば、幼児教室の面接官や運営担当者からの印象も良いでしょう。

・幼稚園教諭免許

保育士資格のところでも書きましたが、国家資格でもある幼稚園教諭免許所持者は、面接や採用試験の際に非常に有利になるでしょう。

実際、幼児教室の先生には幼稚園教諭の免許を持っている人の方が、保育士資格保持者よりも多いのだそうです。

「幼児への教育」を目的とした幼稚園の先生の免許の方が、確かに親和性はあるのかもしれませんね。

・チャイルドコーチング資格

民間資格ではありますが、チャイルドコーチング資格もおすすめです。

あまり聞き慣れない資格かもしれませんが、チャイルドコーチングとは、子どもが自発的に考え・学び・行動できる環境づくりのサポートをする資格です。

子ども一人ひとりの性格や個性にあわせて、能力を伸ばすべく指導・教育ができることを示す資格となりますので、幼児教室のような教育環境で、先生として戦力になれることを示せるのではないでしょうか。

ちなみに、保育士や幼稚園の先生が、スキルアップのためにこの資格の取得を志すことも多いです。

その他、資格とは異なりますが、子どもの私立受験を経験した親も、幼児教室の先生採用の際に優遇されることがあるそうです。