幼稚園教員資格認定試験の概要について

2017年1月30日 保育の豆知識 google  0

幼稚園教員資格認定試験の概要について

幼稚園教諭の資格

幼稚園教諭の資格は、大学、短大などの幼稚園教諭養成課程を卒業して得取得することが一般的です。

 
しかし、幼保一元化の流れの中で、「幼稚園教員資格認定試験」が実施されています。この試験は、保育士でて一定の在職経験を有する者が試験を経て幼稚園教諭二種免許を取得できるものです。
保育士から、養成校に通うことなく、幼稚園教諭免許を取得する道が開かれています。平成29年度以降も、引き続き試験は実施されていくようです。

 

幼稚園教員資格認定試験の概要

認定試験は,第一次試験及び第二次試験が実施されます。平成28年度は9月に第一次試験、10月に第二次試験が行われました。
第一次試験に合格した者だけが第二次試験を受験することができます。全科目6割以上の得点を取れば、合格となります。合格発表は平成28年度は12月に行われました。出願者数、合格者数、合格率等は公表されていません。

 

認定試験の受験資格

下記に両方当てはまる方が対象です。
 
・高等学校を卒業した者,その他大学(短期大学及び文部科学大臣の指定する教員養成機関を含む。)
に入学する資格を有する者で,平成8年4月1日までに出生したもの
 
・保育士として3年以上の児童福祉施設や認可保育園での経験を持っていること。なお、1カ月当たり120時間以上従事している必要があります。派遣社員は認められません。

 

受験科目

・一次試験では、下記のような科目の内容が出ます。試験の形式は択一式です。

教職科目 教職概論,幼児教育教師論,教育行財政,幼児教育学,幼児教育心理学,教育制度論,教育行政学,教育社会学,教育経営論、教育課程論,教育内容論,学習指導論,教育方法・技術論,保育内容指導法,幼児理解,教育相談等

 
・二次試験では、同様の内容で、試験の形式が論述式になります。合わせて指導案作成に関する論述試験も行われます。
 
・一次試験・二次試験ともに、一部免除の規定があります。
 
・過去問題は文部科学省ホームページの「教員資格認定試験」のページに掲載されています。
 

出願方法

・受験願書は下記サイトで請求できます。テレメールの資料請求受付サイト内にあります。

http://telemail.jp/shingaku/pc/gakkou/kyouin/youtien.php

請求すれば2~3日程度で届くようです。
・受験料は13400円です。
・願書の届け出期間は5月~6月ごろです。