主婦が保育士になるには

2016年7月6日 保育士とは google  0

主婦が保育士になるには

子育ても落ち着き、そろそろ再就職したいという主婦の方。
結婚と同時に主婦になったけれど、手に職として保育士の資格が欲しいという方。
主婦が保育士になるには、どういった方法があるのでしょうか?

保育士になるには、まず保育士資格が必要です。
保育士資格の取得方法には、基本的に以下の2つの方法があります。

1.厚生労働省が認定し、保育士養成課程が設置されている学校(大学・短大・専門学校など)で単位を取得して卒業すること
2.国家資格である保育士試験で合格すること

では、主婦が保育士になるには、これら2つの方法のどちらが適しているのでしょうか?

■主婦が保育士になるには:学校に通う

主婦が保育士になるには、まず一番確実な方法は、大学や短大などの学校に通うことです。
保育士養成課程のある大学や短大であれば、卒業と同時に自動的に保育士の資格を取得することができます。学費や通学のための時間が取れるのであれば、改めて学生になる、というのもひとつの手段です。

ただ、ひとくちに主婦と言っても、忙しい方も多いと思います。
現在子育て中だったり、家事など家の仕事に時間が割かれている場合はなかなか学校に通学するというのも難しいかもしれません。
その場合は、通信制の大学や短大などに入学するのも良いですね。
通信制と言っても、通学しなければならないカリキュラムや実習はありますが、それ以外は自宅で学ぶことが可能ですので、ある程度時間を調整できる主婦の方であれば、十分可能な選択肢であると言えそうです。

■主婦が保育士になるには:国家試験を受験する

大学へ通うには、費用と時間が必要になります。
忙しい主婦の方にはハードルが高い選択肢ですし、学費などの費用もけっして安くはありませんので、かなり経済的に余裕がある方でなければ難しいかもしれません。

では、学校に通うのが難しいという主婦の方が保育士になるには?
残された方法は国家試験を受験する、という方法になります。

国家試験を受験するためには、短大以上の学歴が受験資格として必要となりますが、これをクリアしていれば、社会人でも主婦でも現役の学生でも、試験を受けることは可能です。

ただ、独学で学ぶにはかなり難易度が高い試験になりますので、通信講座などをうまく利用しながら、勉強していくのが良いと思います。

■主婦が保育士になるには:パートで働く

もし、保育士資格を取得、ということにこだわっていないのであれば、手っ取り早いのは、実際にパートで働き始めてしまうことです。
児童福祉施設は、必ずしも保育士資格をもっていなければ働けないというわけではなく、保育園の保育補助など、無資格でも保育の仕事に携わることは可能です。

また、国家試験を受験したいけれど、学歴が高卒以下で受験資格がない、という場合も、
児童福祉施設で2年以上(中卒の場合は5年以上)の実務経験があれば受験資格を得られますので、
働きながら国家試験の受験を目指すという選択肢もありですね。

まだ子育て中でフルタイムは無理という主婦の方でも、パートならば働きやすい条件が整っていることも多いです。実際に保育の仕事に携わりながら、保育士を目指す、という方法も、おすすめですよ。