保育士の不満、デメリットにはどんなものがある?

2016年5月31日 保育士とは google  0

保育士の不満、デメリットにはどんなものがある?

子ども好きには天職…それが保育士?

子ども好きの方からすれば、保育士の仕事は「子どもと関われる」「子どもと一緒に遊べる」などの点でとても魅力的かと思います。

しかし”仕事”であるということを考えれば、子どもが好きだというそれだけの理由で保育士を職業に選ぶべきではないかもしれません。仕事としての保育士には、デメリットも多く存在します。

保育士が抱える不満

保育士が抱える不満(デメリット)として多い意見に、下記3点があるようです。

・勤務時間への不満

勤める保育園の制度にもよりますが、最近の保育園は保護者の多様なニーズにこたえ、「延長保育」や「休日保育」、「夜間保育」など、様々な保育サービスを提供しています。

保育園の標準営業時間外にも保育サービスを受けられるこれらの制度は、保護者にとってはとてもありがたい制度ですが、保育士にとっては勤務時間が長くなりがちになるというデメリットを生む要因ともなっています。

保育士の人数が充実していれば、シフトでまわせるかもしれませんが、保育士の人数は残念なことに不足しがちなため、標準営業時間に勤務していた保育士がそのまま営業時間外の担当を受け持つ…ということも少なくありません。

そうでなくても、終業時間に帰れるわけではなく、子どもを保護者にかえしたらその後にやっと事務作業を開始できる、というようなことは当たり前のようにあるようです。

また、保護者の都合によって勤務時間が変わってしまうということもありますね。たとえば、19時までに迎えに行くと保護者から連絡があったとしても、保護者の都合によってそのお迎え時間がずれることもあります。

・給与への不満

保育士を辞めた人に、その理由のアンケートをとると、「給料が安いから」という回答がかなりの割合をしめるのだそうです。

公立の保育園の場合は、民間と違って給料も安定してあがっていく上に、福利厚生も手厚いのですが、その分公立の保育園は採用倍率が高く、保育士にとっては狭き門となっています。

そして民間の保育園の場合は、平均給与は20万円程度といわれており、保育士としての勤続年数が短いうちは、手取り15万円に満たないなんて話も聞こえてきます。

また、すべての保育園がそうだというわけではないのですが、残業代という考えがない保育園も多く、したがって長時間働いても給料は少ないまま、ということになってしまいます。

・保護者との関係が難しい

近年、保育業界では「保護者対応が難しくなっている」といわれています。特に最近は「モンスターペアレント」なんて言葉も流行していますよね。

働き方や家族のあり方が多様化した現代では、子どもの育て方の考えもさまざまです。保護者ごとに、保育士に求めるものが違ってきていますから、保護者一人ひとりとの関係が難しくなっていることも、当然といえば当然なのかもしれません。

保護者とよい関係を築き上げることに失敗し、心身ともに疲弊してしまい、保育士という仕事自体が嫌になってしまうなんてこともあるようです。