「私立幼稚園」とは、どんな施設?

2016年8月12日 保育士とは google  0

「私立幼稚園」とは、どんな施設?

「私立幼稚園」とは、どんな施設?

私立幼稚園とは、自治体が運営している公立幼稚園と違い、学校法人など民間が運営している教育機関のことをいいます。運営母体が違うので、方針にばらつきがあり、園の特徴もさまざまです。
保護者としては、公立幼稚園に比べて私立幼稚園は保育料が高く、諸経費以外に別途徴収される金額も多いですが、その分、延長保育や保育後の教室でのおけいこも低価格で受講できるという特典があり、需要があると言えます。
また、私立幼稚園はこの少子化の中、園児を多く募るために様々な特色を打ち出した幼稚園がふえてきました。例えば教育、特に英語に特化しバイリンガルをそだてることを目的にした私立幼稚園や、健康促進のためのはだか保育を行う園。モンテッソーリやシュタイナー教育を実践している幼稚園など、様々です。

 

■宗教系の私立幼稚園の教育プログラム

教会や寺が運営母体となっている私立幼稚園は、同じ敷地内に園舎が立っていることも多く、日々の保育や行事などにその宗教の色が濃くでるようです。例えばキリスト教ならば登園時、降園時の礼拝や、食事の前のお祈りを日常的に行い、イースター、クリスマスの行事が盛大に祝われるなど、宗教行事が保育と一体となっています。こういった宗教系の私立幼稚園でも、信者になるように強要されることはまずありません。保育者として、保育理念に共感できるかがこういった宗教系の母体を持つ私立幼稚園に勤務できる適正があるかを判断する基準となります。

 

■健康増進、体育系の活動に熱心なプログラム

主に園長の考えから、健康増進・体育系の活動に熱心な私立幼稚園もあります。雨の日でも外で遊んだり、はだか保育・はだし保育を推奨していたり様々です。冬になると乾布摩擦を園庭で行う、という私立幼稚園もあります。さらに最近では体操に力をいれた私立幼稚園も増えてきており、専門の講師を雇ってのプログラムを行っている場合もあります。

 

■教育・知育中心の教育プログラム

知育おもちゃを用いたり、幼いうちから脳育と称して教育的なプログラムを行う私立幼稚園も増えています。ひらがな・カタカナ・漢字などの日本語、フラッシュカードを用いた計算、英語やその他第二外国語などを幼いうちから学ばせ、勉強に抵抗のないうちに教育の下地を作ることを目的としています。

 

シュタイナー教育、モンテッソーリ教育を取り入れているプログラム

シュタイナー教育・モンテッソーリ教育はそれぞれの考えに基づいた教具などを用いた教育法を行う考えを言います。環境を整備し、子どもたちが主体的に遊べる環境を提供しているようです。また、日本的な教育は横割りの考えが多く、同じ年齢の子どもたちがクラスに分けられますが、こういった教育プログラムは異年齢の子どもたちと交流するために縦割り保育も取り入れています。