「公立幼稚園」とは、どんな施設?

2016年8月8日 保育士とは google  0

「公立幼稚園」とは、どんな施設?

「公立幼稚園」とは、どんな施設?

幼稚園には、私立と公立があるのをご存じですか?どちらも同じく文部科学省管轄の教育機関ですが、運営団体や保育を行う時間等も違いがあります。本日は、「公立幼稚園」とは、どんな施設?という疑問にお答えします!

■公立幼稚園とは?自治体運営の幼稚園!

公立幼稚園とは、地方自治体が運営する幼稚園を言います。その為、費用も抑え目で、一般的な私立幼稚園の半分の保育料ですむとか。その為保護者からの需要もあるようです。
ですが公立幼稚園とは言っても、そこかしこにあるわけではなく、私立幼稚園との割合は自治体によっても様々。地域ごとに分散されている地域もあれば、公立幼稚園が近隣にないという地域もあるようです。また、近年少子化や自治体の財政難から公立幼稚園を廃止したり、民間に委託することも増えているようです。

■公立幼稚園とは?職員は公務員!

公立保育園は自治体によって運営されていますので、職員も全て公務員です。もし公立幼稚園で働きたいという希望がある方は、幼稚園教諭免許のほか、各自治体の公務員試験をクリアしなくてはなりません。公務員ですので、公立保育園と同じく同自治体内での転勤があります。ただ、公立幼稚園とは文部科学相の指導要領に従うため、園ごとの差異はそれほど大きくなく、転勤のメリットの方が感じやすいとか。

■公立幼稚園の雰囲気

公立幼稚園の保育時間は平日9時~14時前後で、4~5時間が多く、延長保育を行っているところはほとんどありません。
延長保育が無いので、職員としてはメリハリがつきやすく、働きやすい環境を言えるかと思います。ただ、現在はその需要に合わせて延長保育を行っている園もあるようです。
夏休みや冬休みといった長期休暇もありますが、長期休暇の預かり保育を実施している公立幼稚園もありますので、子どもたちが全く通園しない日というのは珍しいかもしれません。

また、三年保育を実施している園は少なく、二年保育だけという園もあります。
そのため、私立幼稚園の年少組に一年間通わせてから公立幼稚園に転園させるという家庭もあるとか。

私立幼稚園ほど規模が大きくなく、制服がないところも多いようです。

■公立幼稚園とは?保護者の負担

幼稚園といえば通園バス、というイメージのある方も多いと思いますが、公立幼稚園で通園バスを運行していることはあまりないのだとか。保育園と同じく、徒歩・自転車・車などで保護者が送迎することが多いようです。
また、昼食はお弁当を実施している園が多いので、負担が大きいと感じる保護者もいるようです。