効率よく休んで「集中力」を維持しよう

2017年2月6日 保育士試験対策 google  0

効率よく休んで「集中力」を維持しよう

本日のコラムは、より保育士試験に集中できるように、効率的に「お休み」して、集中力を維持する方法についてご紹介します。

 

根を詰めすぎの勉強はかえってマイナス!?

保育士試験が近いからといって、無理な勉強を続けていませんか?

保育士試験が行われるのは、ただでさえ夏バテで体力が落ちる真夏。

冷たいものを食べて、クーラーの効いた部屋で・・・なんてしていたら、

試験の前に風邪をひいてしまった!

なんてこともよく聞きます。

そこで本日は、身になる!効率の良い休み方です。

 

呼吸を深くする

リラックスするためにも、呼吸は大切。

勉強中に正しい呼吸を身につけていれば、

試験中もリラックス+集中力でペンが進みます。

 

1.座ったまま行う場合も、横になる場合も、

まずは体の中心がまっすぐな線になるよう意識してください。

2.次に、ゆっくり息を吐きます。体の中の古い空気を全て出すイメージです。

3.全て吐いたら、ゆっくり息を吸います。できれば鼻から、

お腹が膨らむようにイメージ。

4.無理のない程度吸えたら、次はゆっくり吐きます。

吸うときよりもより時間をかけるようにします。

 

このように、3、4を繰り返すと脳に酸素が供給されて頭も冴え、

余分な力もぬけますよ♪

まずは10回!ぜひやってみてください!

 

クラシック音楽を聞く

疲れたな、と思ったら、クラシック!

クラッシック音楽は人をリラックスさせる効果が

みとめられているんです。

気分を変えたい時や、

深い眠りにつきたいとき等に、ぜひ試してみてください。

5 10分の休憩で、勉強の効率も格段に上がりますよ!

 

ガムを噛む

つい最近ワールドカップでもいろいろと話題になりましたが、

ガムを噛んだりあめを舐めたりすることは、

リラックス効果があり、集中力も高まるのだとか。

夜勉強していると、間食してしまう!

という方にもいいですね!ぜひ夜の勉強はガムを噛みながら行いましょう!

 

いろいろな方法を紹介してみましたが、いかがですか?

すぐにでも試せる方法だとおもいますので、ぜひ、今日から試してみてください!