簡単な裏ワザを覚えて効果的に勉強しよう!

2017年2月5日 保育士試験対策 google  0

簡単な裏ワザを覚えて効果的に勉強しよう!

保育士試験対策、みなさん試験勉強は進んでいますか?

今回は趣向を変えて、「効果的な勉強方法・裏ワザ」をお送りしたいと思います!

 

まずはやる気を起こすためには

「机の前に座ってっも、なかなかやる気にならない」

「ついつい他のことに気をとられてしまって気が付けば時間だけが過ぎてしまう」など、みなさん一度は経験があるのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決する一番の方法は・・・

今日の勉強が終わった後には、明日のために机の上を整えておくこと!

勉強に関係のないもの、気が散るものは机の上から片づけておきましょう。

せっかくやる気になった時の気持ちを無駄にしないような、

簡単に出来る工夫ですね!

 

効果絶大な暗記方法

保育士試験に向けて、暗記することが山ほどあると思います。

暗記のポイントは耳塞いで目を閉じてぶつぶつ繰り返し呟くこと。

人間の脳は外部からの情報の8割を視覚から得ています。

その視覚をなくしてさらに耳も塞いで、ブツブツ言うことで、

脳内にそのまま反芻されるので記憶に入りやすいのです!

また、暗記の一番の基本は「何度も繰り返すこと」です。

「1時間かけて1日」で覚えるよりも「毎日5分を1週間」繰り返すことが、長く記憶することが出来るのです。

また、脳は寝ているときに記憶を整理しているため、

暗記は睡眠と上手く合わて行いましょう!

寝る前30分で記憶し、起きて30分でそれを復唱するのも効果的です。

 

勉強の効果を上げる裏技

最後に、勉強する上で役に立つ裏ワザをご紹介します。

○記憶力に良いイワシやサバ等の青魚

青魚はIQを高めるDHAだけでなく、記憶力を高めるピログルタミン酸、グルタミンを含んでいます。魚を食べて頭が良くなるというのは都市伝説ではなかったんです!

 

○1分で出来る集中力アップ法

ちょっと集中力がなくなってきたなーという時の裏ワザ!目を閉じて1分間片足立ちをすると、3時間はあっという間に過ぎるほどに集中できます!

 

○繰り返しやることが重要

10冊の参考書をやるより、1冊の参考書を10回繰り返すこと。その方が深いところまで理解、記憶できます。他わかったことがあれば、書き込んで自分なりのオリジナルの参考書にしていきます。受験末期まで非常に重宝する宝物になることでしょう!

 

○本番でも使える!ここ一番の時の裏ワザ

目を閉じて両手を膝の上に置きます。右手は軽く握り、深く呼吸しながら大好物の食べ物の味、匂い、見た目などを思い出します。30秒間続ければドーパミンが分泌され、ドリンク剤を飲む以上の効果が起こり、実力を発揮できます!

 

いかがでしたか。意外と簡単に実践できることばかりですよね。
保育士試験は出題範囲も広く大変ですが、効率的に勉強して、合格を勝ち取りましょう!