保育士試験直前対策「持ち物」一覧

2016年11月22日 保育士試験対策 google  0

保育士試験直前対策「持ち物」一覧

憧れの保育士になるためには保育士試験を受ける必要があります。今まで勉強してきたことを十分に発揮できるよう、当日は忘れ物をしないように、保育士試験前日には持ち物を十分に確認しておきましょう。今回は当日の持ち物についてご紹介します。

 

保育士試験の持ち物について、その①必須な持ち物

保育士試験での必須の持ち物は、受験票、鉛筆、消しゴム、昼食、腕時計、ハンカチ、ティッシュです。
まず、受験票は保育士試験のときに机の上に必ず乗せておかなくてはなりません。忘れた場合には再発行をしてくれますが、「再発行してくれるから」と安心せずに必ず持っていきましょう。
鉛筆は、2.3本用意しましょう。受験番号や名前を書くときは細い鉛筆のほうが良いですが、マークシートを塗るときには先の丸くなった鉛筆のほうが良いでしょう。鉛筆削りも持っていきましょう。シャープペンシルでもかまいません。シャープペンシルの場合はシャープペンシルの芯も忘れずに持っていきましょう。
そして、忘れやすいのは消しゴムです。間違えたところをしっかり消えるようなMONOなどの消しゴムを用意すると良いでしょう。
保育士試験が1日かかる場合は、昼食も必要となります。会場近くのコンビニは受験生で混雑している可能性があるので、無駄に時間を消費してしまいます。なので、お弁当を作って持っていくか、自宅近くのコンビニで買って持っていきましょう。
腕時計は時間確認に必要となるので、持ち物に入れておきましょう。そして、ハンカチ、ティッシュも使用する場面が多いかと思いますので、持ち物に入れておくと良いです。

 

保育士試験の持ち物について、その②持っておくと便利なもの

スリッパ、下足を入れるビニール袋は、忘れた場合には使い捨てのスリッパがもらえますが、家のものを持っていきましょう。
受験の手引きは、持っていると安心なのです。勉強用の本は、普段使用しているものを持ち物に入れておくと良いです。意外と試験時間が余ったりするので、少し多めに勉強道具を持っていくと便利です。また、iPhoneで勉強する場合にはバッテリーも忘れずに持っていくと良いでしょう。
ハンドクリーム、アロマオイルなどを持ち物に入れておき、リラックスしたいときに使用すると良いでしょう。ミントを持参すると目覚ましとやる気アップに繋がります。
保育士試験の会場が寒いことがあるので、厚手のカーディガンを持っておくと良いでしょう。寒さが原因で受験に集中できないといけないので、持っていると安心です。
保育士試験当日は忘れ物がないか心配になってしまいますが、前日のうちに持ち物の確認をしておきましょう。