引っ越ししたら、保育士登録の変更は必要?

2016年11月30日 保育士試験対策 google  0

引っ越ししたら、保育士登録の変更は必要?

保育士資格がもらえてから引っ越しをした場合、保育士資格の登録の変更が必要でない場合と必要な場合があります。保育士を目指しているからには引っ越しをしたときの対応も知っておきましょう。

 

■引っ越しの際の保育士資格の登録変更について、その①どういう場合に変更をするのか

引っ越しをして住所が変わっただけであれば、保育士資格の登録変更の手続きが必要ありません。しかし、引っ越しにより本籍地の住所が変わった場合、氏名に変更があった場合には保育士資格の登録の変更の手続きが必要です。変更をする場合には保育士証書換え交付申請手続きが必要となります。

 

■引っ越しの際の保育士資格の登録変更について、その②手続き

引っ越しをして本籍地が変わったとき、氏名を変更をして保育士資格の登録変更をする場合には、登録のときと似たような手続きをします。「登録変更等の手引き(保育士証書換え交付申請用)」を登録事務処理センターから取り寄せ、届いたら、書換え交付手数料の支払と申請に必要な書類を提出します。2ヶ月くらいで変更された保育士資格の保育士証が届きます。

 

■引っ越しの際の保育士資格の登録変更について、その③方法

登録事務処理センターから「登録変更等の手引き(保育士証書換え交付申請用)」を取り寄せる前に用意するものをご紹介します。
A4用紙が折らずに入るサイズ、1枚角形2号の返信用封筒、返信用封筒に貼る切手(請求部数によって金額が変わります)、返信用封筒が入るサイズの送信用封筒、送信用封筒に貼る切手です。

 
続いて、「102-0083東京都千代田区麹町1-6-2アーバンネット麹町ビル6階、登録事務処理センター」宛に、切手を貼り、自分の住所、氏名を書き込んだ返信用封筒を送信用封筒に入れ、郵便ポストか郵便窓口から郵送します。
登録事務処理センターから郵送されてきたら、郵便局の窓口にて、書換え交付手数料を払います。手数料は1人1600円となります。
次に、書換え手引きに同封されている保育士証書換え交付請求書、振替払込受付証明書、お手元の保育士証、現在の戸籍謄本、を用意し、「102-0083東京都千代田区麹町1-6-2アーバンネット麹町ビル6階、登録事務処理センター」宛に郵送します。このとき、必ず郵便局の窓口にて簡易書留郵便を利用しましょう。
保育士資格の保育士証は、申請先の都道府県の審査、決定を経て、変更後の事項が各都道府県の備える保育士登録簿へ記載されたあとに書換え交付され、登録事務処理センターから簡易書留郵便で郵送されてきます。引っ越しにより本籍地が変わったとき、氏名変更したときには、このような形で保育士資格の登録変更を行います。